このエントリーをはてなブックマークに追加  

パニック障害患者の深刻な悩みと疑問記事一覧

パニック障害のパニック発作が起こると、心臓の鼓動が激しくなり、胸が苦しくなるといった症状があるため、患者はあまりの苦しさから「心臓が破裂する」「心臓が止まってしまう」という恐怖を感じます。パニック発作はそれほど激しいものであるため、こうしたことが繰り返されると、心臓に負担がかかり、だんだん弱っていき...

どのような病気であったとしても、多少の「死のイメージ」がつきまとうものです。特に、パニック障害のパニック発作は、激しい動悸や胸の苦しさが伴うため、「このまま死んでしまうのではないか?」という具体的な死の恐怖を感じるため、この病気になると早死にするという噂が、まことしやかに囁かれています。しかも、いっ...

一般に、保険会社は持病がある人の加入には厳しく、特に精神疾患歴のある人に対してはその傾向が強くあります。そのため、パニック障害で通院中や治療中の人は、残念ながら生命保険や医療保険への加入はほぼ不可能と考えていいでしょう。これは、パニック障害に限らず、他の病気や精神疾患でも同様で、ほとんどの保険会社に...

病気や怪我によって働くことが困難になると、収入を得ることができなくなって生活が困窮することになります。こうした障害者の生活を支えるために年金が支給される「障害年金」という年金制度があります。この障害年金には「障害厚生年金」と「障害基礎年金」の2つがあります。障害厚生年金まず、「障害厚生年金」は、病気...

パニック障害になってしまった人がもっとも悩むのは「仕事」についてでしょう。会社の重責を担う立場であったり、生活費を稼ぐ一家の大黒柱であるなどして、簡単に仕事を辞めて自宅で療養するわけにはいかないと考えるのは当然のことといえるでしょう。しかし、勤務中にパニック発作が起きないとも限りませんし、また、そう...

パニック障害の人は、仕事も含めた日常生活に支障をきたすケースが少なくありません。パニック発作のほか、予期不安、広場恐怖などの症状が伴うこともあるため、会社員であれば、休職や退職せざるをえないこともあります。そのため、これから社会人になろうとする学生などが就職したとしても、仕事のストレスなどで勤務中に...