このエントリーをはてなブックマークに追加  

障害年金を受給できる可能性について

女性

病気や怪我によって働くことが困難になると、収入を得ることができなくなって生活が困窮することになります。

 

こうした障害者の生活を支えるために年金が支給される「障害年金」という年金制度があります。この障害年金には「障害厚生年金」と「障害基礎年金」の2つがあります。

 

障害厚生年金

まず、「障害厚生年金」は、病気や怪我によって、障害が残った場合に支給されるものです。これは、厚生年金の加入者が対象となり、障害認定日に障害等級に該当する障害があれば、年金または障害手当金が支給されます。

 

障害基礎年金

「障害基礎年金」は、国民年金の加入者を対象としており、病気や怪我によって障害が残った場合に支給されます。障害厚生年金と同様に、障害認定日に障害等級に該当する障害があれば年金を受け取ることができます。

 

つまり、厚生年金の加入者は障害厚生年金、国民年金の加入者は障害基礎年金といったように区分されており、厚生年金保険と国民年金保険の両方に加入している会社員は、どちらも重複して受け取ることができます。

 

ただし、障害等級1級か2級に該当しているなど、様々な支給条件があります。

 

女性

年金の受給額は、障害の程度、保険加入年数、平均賃金月額、家族構成などによって異なりますが、障害の程度が重いほど支給額が高くなります

 

障害年金は、病気や怪我によって働くことができなくなった障害者に支給されるものですが、この場合の「病気」には、がん、腎不全、心筋梗塞、糖尿病、気管支喘息などのほか、精神疾患があります。

 

年金の支給対象となる精神疾患には、統合失調症、うつ病、躁うつ病、てんかんなどがあります。

 

パニック障害は、精神疾患よりも軽い「神経症」に分類されるため、支給対象からは除外されており、年金を受け取ることはできません。

 

ただ、パニック障害の患者は、うつ病をはじめとする精神疾患を合併しているケースが少なくないため、その場合は年金を受給できる可能性が高くなります。

 

医師の診断による診断書に「パニック障害」と記載されているだけでは受給は不可能ですが、統合失調症、うつ病、躁うつ病など、その他の精神疾患の病態が存在することが追記されていれば、障害者としての認定を受けやすくなり、年金を受給できる可能性が高まります。

 

パニック障害だからといって障害年金の請求を断念せず、医師とよく相談してみるといいでしょう。