このエントリーをはてなブックマークに追加  

会社への報告の必要性について

サラリーマン

パニック障害になってしまった人がもっとも悩むのは「仕事」についてでしょう。会社の重責を担う立場であったり、生活費を稼ぐ一家の大黒柱であるなどして、簡単に仕事を辞めて自宅で療養するわけにはいかないと考えるのは当然のことといえるでしょう。

 

しかし、勤務中にパニック発作が起きないとも限りませんし、また、そうした不安を抱えたままでは十分な働きができない可能性もあります。場合によっては会社に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

 

では、パニック障害になってしまったら、会社に報告すべきなのか、あるいは、会社に報告せずに、仕事を続けることは可能なのか、また、休職した場合、その後、復職できるのか、誰もが気になるところでしょう。

 

パニック障害になってしまったとしても、業務に支障をきたさずに働くことができる自信があれば、無理に報告する必要はないでしょう。ただ、現実問題として、そう簡単にはいかないものです。

 

「会社」という組織や「職場」という環境は、業務だけではなく人間関係などによるストレスを多く受けるのが一般的です。

 

パニック発作はストレスによって引き起こされるので、仕事中に頻繁に発作が起きたり、会社をたびたび休むようなことになれば、同僚や上司にも異変を察知されてしまいます。

 

仮に病気であることを隠して仕事を続けたとしても、自分自身が苦痛であるだけではなく、一緒に仕事をしている仲間や取引先など多くの人に迷惑をかけることになってしまいます。

 

サラリーマン

そのため、パニック障害になってしまったら、正直に上司に報告したほうがいいでしょう。隠しておきたい気持ちも理解できますし、勇気が必要なことでもありますが、これは社会人としてのマナーといえるかもしれません。

 

会社の上司に報告する前に、まず自分の現在の状態を正しく把握しておく必要があります。

 

担当の医師としっかり相談し、治療を受けながら仕事を続けることができる状態かどうか、あるいは、治療に専念するために休職したほうがよいのかどうかを診断してもらいましょう。その結果をもとに会社に報告し、理解を得たうえで、今後、どうするかを話し合いましょう。

 

医師から、十分な休養が必要と診断された場合は、会社の規定に沿って休職の手続きを行ないましょう。

 

サラリーマン

会社に迷惑がかかることを避けるために退職するという選択肢もありますが、現在は病気療養後の復職が可能なケースが増えているので、早急な判断はせず、じっくりと会社側と話し合ってから決めましょう。

 

会社との話し合いの結果、休職もしくは退職したとしても、パニック障害の人は、一刻も早い職場復帰・再就職をしたいと焦ってしまい、それがストレスとなって病気を悪化させてしまうことが少なくありません。

 

しかし、パニック障害を克服するには長期戦になることを覚悟する必要があります。十分な時間をかけて徐々にストレスを取り除いていかなければならないので、決して無理をせず、治療に専念することが大事です。