このエントリーをはてなブックマークに追加  

子供が発症する理由について

子供

パニック障害は20〜30代の人に多く見られる病気ですが、必ずしも大人がかかるとは限りません。

 

つまり、10代やそれ以下の子供でもパニック障害になる可能性があり、実際、パニック発作などの症状に苦しんでいる小中学生もいます。

 

子供のパニック障害の症状としては、激しい動悸に襲われる、突然、呼吸困難に陥る、めまいや吐き気など、大人とまったく変わりません。

 

大人でも死ぬほど苦しい思いをするのですから、幼い子供はどれほど苦しく、怖い思いをすることでしょうか。もちろん、両親などの家族も、さぞかしつらいことでしょう。

 

パニック障害の原因は、過剰なストレスを受けたり、神経伝達物質の異常分泌によるものですが、子供の場合であれば、日常生活や学校での集団生活において、孤独感や寂しさを感じたとき、自分の身近な人が亡くなったとき、大事に育てていたペットが死んでしまったときなどがあります。

 

こうした原因は昔から存在しましたが、近年では、子供も大人と同等レベルのストレスを受けていると考えられています。

 

勉強をする子供

かつては、子供は学校が終われば自由に遊び回ったものですが、現在では放課後も塾に通って勉強したり、厳しい受験勉強を強いられるケースも少なくありません。

 

さらに、いじめの問題が深刻化し、子供の世界でも人間関係が非常に複雑かつデリケートになっています。

 

実際にいじめを受けるだけではなく、友だちがいじめられている場面を目撃したり、自分がいじめられる不安にさらされるなどして、常に周囲に気を遣い、神経が過敏になりがちです。

 

いくら勉強嫌いな子供であっても、基本的に学校は楽しい場所であったのが、現在では子供に危険が及ぶ可能性がある場所に変わってしまいました。

 

本来、子供を守る立場の教師も、すべての児童・生徒の行動や様子にまで目が行き届かず、子供たちの異変を見落としがちです。

 

こうなると、やはり親がしっかりと子供を守るしかありません。これは、単にいじめから守るということだけではありません。子供がパニック障害になる原因は、学校ばかりではなく、家庭にも存在するケースがあるからです。

 

子供は、親に対して、「認めてほしい」「自分のことをちゃんと見てほしい」といった気持ちを持っていますが、勉強を頑張ったのに褒めてもらえなかったり、自分に関心を持ってもらえなかったりすると大きく傷つくことになります。こうしたことが引き金となってパニック障害になってしまうこともあるのです。

 

そして、親が子供の異変に気づかず、学校に行きたがらないのを無理に通わせ、パニック障害の症状を悪化させてしまったケースも少なくありません。

 

子供の登校拒否には、必ず原因があります。いじめなど嫌なことがあったり、ストレスによる不安や恐怖など、パニック障害の症状のあらわれである可能性もあります。

 

まずは教師と相談すると同時に医師にも相談したほうがいいでしょう。そのうえで、学校をしばらく休むなどして、できるだけ早期に適切な治療を受けさせることが大事です。