このエントリーをはてなブックマークに追加  

パニック障害のマメ知識記事一覧

パニック障害は決して特殊な病気ではなく、誰にでも起こり得るものではありますが、発病するかどうかは個人の性格によって大きく左右されます。つまり、パニック障害には「なりやすい性格」があります。一般に、無神経な人や神経が図太い人はストレスがたまらないとか、真面目な人は精神的に疲れやすいといわれますが、こう...

パニック障害は、以前は「不安神経症」や「全般性不安障害」と呼ばれるのが一般的でしたが、1980年に米国精神医学会で独立した病気として認められ、1992年に世界保健機関(WHO)で正式に「パニック障害」という病名で登録されました。病気そのものは古くから存在が確認されていましたが、素人にはわかりにくい曖...

パニック障害は、強い不安感が伴う精神疾患であることから、かつては「不安神経症」や「全般性不安障害」と呼ばれることが多かった病気です。1980年には米国精神医学会で独立した病気のひとつであることが認められ、1992年に世界保健機関(WHO)によって「パニック障害」という正式な病名として登録されました。...

パニック障害は、タバコやアルコール、コーヒーといった嗜好品と深い関係があります。気晴らしにタバコを吸う程度や、お酒もたしなむ程度、コーヒーで一息入れる程度であれば問題ありませんが、過剰に摂取すると、パニック障害を引き起こしたり、症状を悪化させることになります。タバコとの関連性についてパニック障害の患...

パニック障害は誰にでも起こりうる病気なので、私たち一般人だけではなく、芸能人などの有名人にも多くの経験者がいます。芸能人などは人前で歌ったり、芝居をしたりするなど、常に多くの人々の注目に晒されているだけに、一般人よりも大きなストレスを感じ、パニック障害になりやすいともいえます。そして、一般人と同じよ...

パニック障害は20〜30代の人に多く見られる病気ですが、必ずしも大人がかかるとは限りません。つまり、10代やそれ以下の子供でもパニック障害になる可能性があり、実際、パニック発作などの症状に苦しんでいる小中学生もいます。子供のパニック障害の症状としては、激しい動悸に襲われる、突然、呼吸困難に陥る、めま...