このエントリーをはてなブックマークに追加  

漢方療法による治療とは?その効果について

薬剤師

パニック障害の治療は抗うつ剤や抗不安剤を用いた薬物療法を柱として進められるのが一般的です。

 

しかし、薬を使用することに強い抵抗感を持っている人もいます。また、抗不安剤や抗うつ剤では効果が見られないという人もいます。

 

こうした場合は、「キトサン」や「トリプトファン」といったサプリメントを使用するのも有効ですが、同じように漢方薬という選択肢も考えられます。

 

ただ、漢方薬には即効性はないので、すぐに症状が治まるといったことはないものの、体質から根本的に改善させることが可能です。

 

そのため、個々の症状への対症療法ではなく、根本的な治療を目指して体質改善を図りたい場合は、むしろ漢方薬を使用したほうがよいケースもあります。

 

漢方薬を用いる東洋医学では、パニック障害は「奔豚気病(ほんとんきびょう)」と呼ばれ、治療の対象にもなっています。

 

パニック障害で処方される主な漢方薬には、「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」「茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)」などがあります。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯

まず「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」は、不安、動悸、不眠、のぼせ、めまい、便秘などに効果があります。

 

柴胡桂枝湯

「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」は、発汗、微熱、悪寒、身体の痛み、食欲不振、吐き気などに効果的です。

 

酸棗仁湯

「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」は、過敏になっている神経を鎮める効果があります。

 

半夏厚朴湯

「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」は、喉異物感(喉が詰まる感じ)、動悸、めまい、吐き気、食欲不振、自律神経の調節作用があります。

 

茯苓飲合半夏厚朴湯

「茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)」は、喉異物感、動悸、不安に効き目があります。

 

医師と患者

病院で一般的に処方される抗不安剤や抗うつ剤に抵抗がある、あるいは効果が見られないといった場合は、こうした漢方薬を試してみるのもいいでしょう。

 

病院によっては漢方薬を用いた東洋医学を積極的に取り入れているところもあります。また、東洋医学を中心に治療を行なっている個人医院やクリニックも多くあります。

 

担当医と相談のうえ、こうした漢方薬を治療に取り入れると、より回復が早まることもあります。

 

ただし、漢方薬は生薬であるため、安全性が高く、副作用がないと思われているようですが、それは大きな誤解です。

 

飲み合わせや量を誤ると、重大な副作用が起きる可能性もあります。そのため、素人判断でインターネット通販などで購入して服用するのは絶対に避けましょう。

 

漢方薬局などで購入する場合も、きちんと自分の症状を伝えたうえで、それに合った漢方薬を調合してもらいましょう。