このエントリーをはてなブックマークに追加  

パニック障害の治療法記事一覧

パニック障害の治療法としてもっともポピュラーなのは、抗うつ剤や抗不安剤を用いて発作などの症状を抑える「薬物療法」がありますが、これだけで病気を根本から治療することはできません。そのため、カウンセリングなどによって、発作を引き起こしている原因を究明したり、日常生活で問題を引き起こしている考え方やとらえ...

パニック障害には、仕事や人間関係などによるストレスが大きく関わっています。そのため、ストレスを解消してリラックスすることが病気治療や予防には欠かせません。日頃から簡単にできるリラックス法には、「呼吸法」があります。それも、浅い呼吸より腹式呼吸は、リラックスだけではなく、パニック発作に伴う過呼吸の防止...

パニック障害には激しい不安や恐怖が伴うとともに、うつ症状が見られることから、これらを解消するために抗不安剤や抗うつ剤を用いた薬物療法が一般に行なわれ、高い効果を発揮しています。薬物療法は、発作が起こったときに薬で治めたり、発作の再発を防ぐことを目的としており、主に、「SSRI(選択的セロトニン再取り...

パニック障害と食生活は無関係のように思われがちですが、それは大きな誤解であり、両者は実は非常に密接な関係にあります。つまり、栄養バランスが崩れるとパニック障害を引き起こす恐れがあるのです。パニック障害は男性よりも女性に多く、しかも20〜30代に顕著に見られる病気です。この年代の女性は、なんらかのダイ...

パニック障害の治療は抗うつ剤や抗不安剤を用いた薬物療法を柱として進められるのが一般的です。しかし、薬を使用することに強い抵抗感を持っている人もいます。また、抗不安剤や抗うつ剤では効果が見られないという人もいます。こうした場合は、「キトサン」や「トリプトファン」といったサプリメントを使用するのも有効で...

パニック障害を患って、突然の発作に襲われたり、日頃から不安や恐怖、緊張に苛まれていると、仕事や学業、家事など日常生活に支障をきたし、普通に暮らすことができなくなってしまいがちです。そのため、多くの人は自信を喪失し、前向きに生きる意欲が失われ、何事に対しても消極的になってしまいます。そのため、外出する...

パニック障害の治療でもっとも一般的なものに、抗うつ剤や抗不安剤を用いた薬物療法があります。これは、非常に効果的な治療法ではあるものの、多少なりとも依存性があったり、人によっては苦痛が伴う副作用もあります。また、妊娠中の女性患者の場合は胎児への影響を不安視する人も少なくありません。パニック障害の治療に...