このエントリーをはてなブックマークに追加  

慌てず対応する為の上手な付き合い方について

悩んでいる女性

パニック障害は、時間をかけてじっくりと治していかなければならない病気なので、決して焦ってはいけません。

 

パニック障害はストレスが主な原因なので、あまり病気のことを深刻に考え過ぎず、「そのうち良くなる」と気楽に構えて、のんびり過ごすことで少しずつ治していく気持ちが大事です。

 

パニック障害の人は、パニック発作とどう付き合うかが一番のネックとなります。パニック発作は不安が原因で起きるもので、その度合いは不安や恐怖の強さに比例するので、極端に怯えないことが大事です。

 

発作が起きているときは非常に苦痛ですが、必ず治まると信じ、自分に言い聞かせましょう。外出時には、いつ発作が起きても対応できるように薬を携帯し、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

 

こうするだけでも気持ちが落ち着き、発作への恐怖が和らぎ、実際、発作が起きることを防ぐこともできます。

 

発作が起きたとしても、決して焦らず、我慢して押さえ込もうとせず、素直に受け入れて、やり過ごすくらいの余裕を持つよう心がけましょう。もちろん、簡単にできることではありませんが、徐々にうまく対応できるようになります。

 

適度に運動を行う

ひきこもる男性

パニック障害になると外出することを避けるようになり、自宅に引きこもってしまいがちです。

 

身体を動かすことが少なくなると運動不足になるばかりか、病気や発作のことばかり考えてしまい、気分が落ち込んでいき、最悪の場合、うつ病を併発してしまいます。

 

パニック障害を克服するためには、薬の服用のほか、適度な運動も必要です。

 

 

実際、薬物治療だけの患者よりも、ウォーキングなどの有酸素運動を実践している患者のほうが早く回復することがわかっています。

 

近所を散歩する程度でも構いませんし、また症状が重くて外出が困難な人は、部屋の掃除や洗濯などの家事や、軽いストレッチだけでも十分効果があります。

 

規則正しい生活を心がける

パニック障害の人の多くは、昼夜逆転など乱れた生活によって体内時計に大きな狂いが生じています。不規則な生活を続けていると、ストレスや疲労が解消されず、パニック発作が頻発することになってしまいます。

 

乱れたライフスタイルを整え、体内時計を正常に戻すには、夜の12時までには寝床につき、早起きして朝日を浴びるようにしましょう。

 

睡眠のサイクルを整えると同時に、食生活も改善し、朝・昼・晩の3回の食事の時間を毎日一定にして、身体全体のリズムを整えていきましょう。

 

ライフスタイルをトータルでとらえ、問題点をひとつずつ改善していくことで、パニック発作の頻度が低下し、いつしか病気そのものが解消されることになります。