このエントリーをはてなブックマークに追加  

メニエール病との共通点や違いについて

医師

歩行困難なほど身体が回転するような感覚になり、人の声などが聞き取りにくくなるなど、日常生活に支障をきたすメニエール病は、パニック障害と間違われることが多く、どちらかというと女性に多く見られる病気です。

 

メニエール病は、内耳の機能が侵されて、めまいなどの症状があらわれる病気で、1861年にフランスの医師、フロスペル・メニエール氏が発表したことからこの名が付けられました。

 

「メニュエール病」「メニエル病」「メヌエル病」「メニエル氏病」「メニエール症候群」など様々な呼ばれ方をすることがありますが、いずれも同じ病気のことを指し、一般には「メニエール病」と呼ばれます。

 

メニエール病は、死に至る重篤な病気ではありませんが、日常生活の中で人と会話をしたり、真っ直ぐに歩くといった、ごく当たり前のことができなくなるため、患者にとっては精神的に非常に大きな苦痛となる病気です。

 

しかも、これといった有効な治療法も確立されておらず、発病すると完治はほぼ不可能であることから、厚生労働省によって「特定疾患(難病)」に指定されています。

 

メニエール病の症状について

耳鳴りの女性

メニエール病の主な症状には、「めまい」「難聴」「耳鳴り」の3つがあり、病状の進行に伴って段階的にこれらの症状があらわれてきます。最初は、突発的なめまいから始まり、次いで難聴や耳鳴りが起こるようになります。

 

めまいは、目の前がぐるぐると回る感覚になる回転性のもので、平坦な場所で普通に両足で立っているのもやっとというほど激しいものです。

 

めまいに続いて起きる難聴の症状は、人との会話が困難になるほど聞き取りづらくなります。これは、周囲の音や音楽なども同様で、特に低周波の音が聞き取れなくなるのが特徴です。

 

めまいや難聴の症状に伴って、吐き気を催したり、血の気が引いて顔色蒼白になったり、あるいは脈が速くなったり、冷や汗が出るといった症状があらわれ、この状態が30分程度、場合によっては数時間続くことがあります。

 

メニエール病の原因について

耳

メニエール病の原因は、内耳の「内リンパ水腫」だとされています。内耳というのは、蝸牛、前庭、三半規管で構成されている器官で、外部の音を神経に伝達したり、平衡感覚を保つ役割を担っています。

 

これらの中を満たしているリンパ液が増えすぎ、内耳が膨張して状態を「内リンパ水腫」といいます。内リンパ水腫の原因は明らかになっていませんが、ストレスが大きく関係しているとされています。

 

メニエール病かどうかを見極めるには、耳鼻咽喉科で問診のほか、グリセロールテスト、蝸電図、眼振検査、自記オージオメトリーなど様々な検査を行ないます。検査の結果、内耳障害が認められた場合はメニエール病と診断されます。

 

パニック障害でも激しいめまいなど類似の症状があらわれますが、耳鼻科的な所見はありません。ここがメニエール病との大きな違いといえます。