このエントリーをはてなブックマークに追加  

虚血性心疾患との共通点や違いについて

心臓が苦しい男性

「虚血性心疾患」は、狭心症や心筋梗塞など心臓の病気の総称で、心臓が苦しくなるといった症状があるため、パニック障害のパニック発作と間違われることがある病気のひとつです。

 

心臓を動かす筋肉である「心筋」が正常に活動するためには、血液中の酸素や栄養が欠かせません。

 

しかし、動脈硬化(冠動脈の硬化)によって十分な血液が心筋に行き届かなくなると、心筋がうまく機能しなくなり、心臓は正常に活動することができなくなってしまいます。この状態が「狭心症」で、胸の痛みや、締めつけられるように感じるといった症状があらわれます。

 

ほとんどの場合、こうした症状は10〜15分程度で治まりますが、適切な治療を受けずに放置すると、動脈硬化が進行して心筋梗塞へと移行してしまいます。

 

胸の痛みや締めつけ感といった狭心症の症状が出ているにもかかわらず、治療を怠っていると、冠動脈が完全に閉塞してしまいます。こうなると血液の流れが止まってしまい、酸素や栄養が心筋まで届かなくなります。

 

これを虚血状態といい、心筋の細胞が次々と壊死していきます。この状態が「心筋梗塞」です。

 

心筋細胞はいったん壊れてしまうと二度と再生されることはないので、壊死が広がっていくと心臓は停止し、死に至ることになります。こうした最悪の事態を避けるためにも、狭心症の段階で動脈硬化を食い止めなければなりません。

 

タバコを吸う男性

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の原因である動脈硬化は、動脈の弾力性や柔軟性が低下し、血管が脆くなった状態のことで、加齢のほか、糖尿病、高血圧、高LDLコレステロール血症、高尿酸血症、肥満、喫煙、ストレスなどが原因として挙げられます。

 

つまり、加齢を除けば、生活習慣や精神的疲労などが主な発病因子となっているため、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を予防するには、なによりも生活習慣の改善が必要とされます。

 

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患では激しい動悸や胸の痛みなど、パニック障害のパニック発作に似た症状があらわれます。しかし、超音波検査や心電図検査を行なうことで、簡単に見分けがつきます。

 

狭心症の場合は、心電図に明らかな異常が見られますが、パニック障害は心臓の病気ではないため、なんら異常は見つかりません。これは超音波検査でも同じことです。

 

また、場合によっては虚血性心疾患とパニック障害の両方に罹っていることもあるので、心臓に異常を感じたら、早めに医師の診察を受け、早期発見・早期治療を行なうことが大事です。