このエントリーをはてなブックマークに追加  

過換気症候群との共通点や違いについて

ランニングをする女性

パニック障害と間違えられやすい病気のひとつに「過換気症候群」があります。これは、心身症の一種で、10〜20代の女性に多く見られます

 

過換気症候群は、マラソンなどの激しい運動をした後や、強いストレスを受けたときなどに、突然、息が苦しくなるという症状があります。

 

パニック障害のパニック発作と症状がよく似ているため、誤ってパニック障害と診断されたり、逆にパニック障害であるにもかかわらず過換気症候群と誤診されてしまうことがあります。

 

パニック障害と過換気症候群は、どちらも突然、息苦しくなる発作の症状があるという点では共通していますが、明らかに別の病気であるため、明確な違いがあります。

 

過換気症候群は、突然、もしくは徐々に呼吸が苦しくなる病気で、若い女性のほか、高齢の男性が発症することもあります。

 

過呼吸(必要以上に呼吸をする)という症状があらわれることから「過呼吸症候群」と呼ばれることもあります。さらに、過呼吸によって血液がアルカリ性に傾くことから「呼吸性アルカローシス」とも呼ばれます。

 

人によって過呼吸の発作が起きる頻度は大きく異なり、少ない場合は一生に一度しか起きない人もいれば、ある特定の時期になると毎日起きる人もいるなど千差万別です。

 

過換気症候群による発作の原因について

医師

発作の原因は、何らかの誘因によって過剰に脳の呼吸中枢が刺激を受け、血液中の二酸化炭素が著しく減少するためだと考えられています。

 

血液中の二酸化炭素が減少すると、その代わりに酸素の量が増加します。にもかかわらず、過呼吸の発作が起きると、より多くの空気を吸って酸素を取り込もうとしてしまうため、ますます二酸化炭素が減り、それとは逆に酸素の量は増えて、さらに過呼吸が激しくなってしまうことになります。

 

過呼吸の発作が起きて血液中の二酸化炭素が減少すると、血液はアルカリ性に傾き、脳の血管が収縮するため、十分な血液が脳まで届かなくなります。過呼吸の発作が起きるとめまいがしたり、頭がボーッとするのはこのためです。

 

また、血液が十分に供給されなくなるのは脳だけではなく、手指への血流も減少するため、手や指先が痺れたような感覚になります。そしてさらに血液のアルカリ度が上昇すると、胸が苦しくなったり、全身が痙攣を起こします

 

こうした症状があらわれると、患者は「このまま死んでしまうのではないか?」という恐怖に襲われたり、失神してしまうことも稀にあります。

 

パニック発作の場合も患者は「死の恐怖」を感じることがありますが、失神するようなことはありません。ここが両者の大きな違いでもあります。

 

過呼吸による発作の対処法について

過換気症候群の過呼吸の発作は、放置すると数十分以上続きます。その間は死ぬほどの苦しさと恐怖を感じますが、実際に死んだり、あるいは後遺症が残るようなことは決してありません。

 

どんなに強い発作であったとしても、パニック発作と同様、ある程度の時間が経てば必ず治まります

 

また、自分で過呼吸の発作を治めるには、紙袋を口に当てて、吐いた空気を再度吸い込む「ペーパーバッグ法」が大変効果的です。

 

過換気症候群は、現在のところ有効な治療薬はありません。ただ、ストレスに弱い性格や体質の人、神経質で緊張しやすい性格の人に多く見られる傾向があるので、該当すると思われる人は、普段からストレスを溜めないようにするといいでしょう。