このエントリーをはてなブックマークに追加  

自律神経失調症との共通点や違いについて

医者

パニック障害とそっくりな症状があらわれる「自律神経失調症」は、激しい運動をしたわけでもないのに脈が速くなったり、食べ過ぎたわけでもないのにお腹の調子が悪くなるなどの症状があります。

 

各種の検査では異常がなかったにもかかわらず、なんとなく体調が悪いと感じる、いわゆる「不定愁訴」が大きな特徴です。

 

自律神経失調症では身体の様々な場所に症状があらわれるため、病気を特定するのが難しく、専門医以外では他の病気と誤診されることがあります。正しい診断を受けるためにも、この病気に関する知識を持っておくことが大切です。

 

そもそも「自律神経」とは、内臓や血管、ホルモンの分泌など、人体のすべての器官の動きをコントロールする重要な存在です。

 

寝ている男性医者

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。交感神経は、各器官の動きを活発にする役割を持ち、副交感神経は、沈静する役割を持っています。

 

昼間は、仕事や勉強、家事、運動などで活動的に過ごすために交感神経が優位に働き、夜になると、疲れた身体を休めて眠りに入るために副交感神経が優位に働きます。

 

つまり、この2つの神経がうまく切り替わることによって、人間の身体はバランスを保たれているのです。そのため、なんらかの原因によってこのバランスが崩れると、自律神経が正常に機能しなくなり、自律神経失調症になってしまうわけです。

 

自律神経失調症の最大の原因はストレスです。適度なストレスは人間が生きていくうえで必要なものですが、その人にとっての許容範囲を超える大きなストレスを受けると、自律神経の機能が乱れ、心身に悪影響を及ぼします。

 

自律神経失調症では、パニック障害に見られるような不安感や恐怖感などの精神症状はないものの、様々な身体症状が全身のあらゆる場所にあらわれます。

 

そのなかには、パニック障害の症状によく似た症状がたくさんあります。

 

たとえば、頭痛、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、左胸の痛み、胸の苦しさ、突然の動悸・呼吸困難、便秘・下痢、手足の冷え、顔の火照り、多汗、全身の倦怠感、不眠などの睡眠障害、肩こり・腰痛、吐き気・嘔吐、食欲不振・体重減少などがあります。

 

いずれも、パニック障害患者にも共通して見られる症状ばかりだということがわかるはずです。そのため、医師であっても正しい診断を下すことが難しく、時には誤診を招き、症状が改善されないばかりか、むしろ悪化してしまうこともあります。

 

内科で診断を受けて異常が見つからないのに症状が続く場合は、自律神経失調症やパニック障害、うつ病など心の病を専門に扱う心療内科を受診するようにしましょう。