このエントリーをはてなブックマークに追加  

非定型うつ病とはどういった病気なの?その特徴について

非定型うつ病の女性

パニック障害は、同じ心の病であるうつ病と密接な関係があり、合併してあらわれることが非常に多くあります。

 

ただし、パニック障害の合併症としてあらわれるうつ病は、一般的なものとは異なる「非定型うつ病」で、「パニック性不安うつ病」とも呼ばれるタイプのうつ病です。

 

非定型うつ病の特徴について

非定型うつ病の特徴は、気分の浮き沈みが激しくなるということです。

 

健康な人であっても、良い出来事があれば明るく楽しい気分になり、逆に嫌なことや悲しいことがあれば暗く沈んだ気分になりますが、非定型うつ病では、この両者の差が非常に激しくなります

 

数時間前までは元気いっぱいで楽しそうに笑っていたのが、ひどく落ち込み、暗く沈んだ様子になるなど、周囲の人が困惑するほど気分の浮き沈みが極端になります。

 

この気分反応性が強いかどうかが、非定型うつ病であると診断するうえで重要なポイントのひとつとなります。

 

この気分反応性に加え、1日に10時間以上眠る「過眠」、手足が重くなる「鉛様麻痺」、暴飲暴食を起こす「過食」の症状が見られる場合は、非定型うつ病だと診断されます。

 

1日に10時間以上眠る「過眠」

眠り続ける男性

通常、人間の睡眠時間は7〜8時間ですが、これより極端に長い場合、具体的には、1日に10時間以上眠り、なおかつ、その状態が週に3日以上ある場合は、非定型うつ病である可能性が非常に高いといえます。

 

仮に眠っていなくても、寝床で横になっている時間が10時間以上の場合は、やはり「過眠」ということになり、非定型うつ病の疑いが強くあります。

 

過眠というのは、気分が落ち込む抑うつ症状と比例しており、嫌なことが原因で気分が激しく落ち込むと眠気が強くなり、その結果として過眠となります。

 

手足が重くなる「鉛様麻痺」

また、手足がずっしりと重く感じられる「鉛様麻痺」の症状は、一般的な「疲れ」や「だるさ」といったレベルのものではなく、文字どおり、手足が鉛のように重く感じられます。

 

あまりの重さのため、自分だけでは起き上がるのもやっとという状態になります。

 

暴飲暴食を起こす「過食」

非定型うつ病では、暴飲暴食を起こす「過食」の症状も見られます。

 

たいやきを食べる女性

 

普段よりも極端に飲食量が増えた状態を「過食」と見なし、

 

一週間に3回以上、「食べたい」という激しい衝動が起きれば「食欲の亢進」になります。暴飲暴食をしたり、糖分の多い菓子類を毎日食べるような状態であれば、「摂取量の増加」とされます。

 

こうした過食によって、急激に体重が増加するのも非定型うつ病の特徴のひとつです。「体重増加」と見なされるのは、3ヶ月の間に、健康時の5%以上体重が増えている状態を指します。