このエントリーをはてなブックマークに追加  

社交不安障害とはどういった病気なの?その特徴について

会議

社交不安障害(SAD / Social Anxiety Disorder)は、パニック障害を合併しやすく、またパニック障害に合併しやすい病気です。

 

会議で発言をしたり、結婚式でスピーチをする際、極度に緊張して不安に押し潰されそうになり、声も出せなくなってしまいます。

 

社交不安障害は、人から注目されるような場面や行動に対して強い不安を感じる病気で、以前は「社会不安障害」と呼ばれていた病気です。いわゆる「恥ずかしがり屋」「照れ屋」「シャイな人」というレベルではなく、病的に緊張してしまうのが特徴です。

 

悩んでいる男性

この病気の人は、人前で話をしたり、行動することが極端に苦手な傾向があります。普通なら経験を積むことで慣れて平気になることでも、それができません。

 

むしろ、人前に出る状況を避けるようになり、やがては社会との関わりを絶ち、うつ病を発症することもあります。

 

社交不安障害の原因は明らかになっていませんが、脳内の神経伝達物質が大きく関係しているのではないかとされています。

 

脳内の神経伝達物質には様々な種類がありますが、そのうちの、気持ちを安定させる効果があるセロトニンという物質がこの病気の発症に関与しています。このセロトニンのバランスが崩れると、強い不安や恐怖心が生まれ、社交不安障害を招くと考えられます。

 

社交不安障害では、不安や緊張、恐怖などの精神症状だけではなく、体調不良など様々な身体症状もあらわれるので、日常生活にも大きな支障をきたすことになります。

 

社交不安障害の治療法について

社交不安障害の治療には、主に薬物療法と精神療法(認知療法や行動療法)が行なわれます。どちらを行なうか、あるいは両方を組み合わせるかは、その患者の状態に合わせて医師が選択します。

 

薬物療法

薬物療法では、抗うつ薬のSSRI、ベンゾジアゼピン系不安薬、β遮断薬などが用いられますが、特に多用されるSSRIは、社交不安障害の治療には非常に効果的であることが各種の報告からも確認されています。

 

精神療法(認知療法)

精神療法のうちの認知療法では、不安や緊張、恐怖といったネガティブな感情が生じるメカニズムを学習し、また、臨床心理士などによるカウンセリングを受けることで、それまでの誤った認知パターンを修正する訓練を行ないます。

 

精神療法(行動療法)

行動療法は「暴露療法」とも呼ばれ、あえて患者が不安や緊張、恐怖を感じる場面に身を置くというものです。

 

患者にとっては大きな苦痛が伴う荒っぽい治療法のようですが、最初は患者一人ではなく、同じ病気を抱えている人たちと一緒にグループで行なうなどして、段階的に目標を高くして、徐々に慣れていくという方法がとられます。