このエントリーをはてなブックマークに追加  

強迫性障害とはどういった病気なの?その特徴について

何度も手を洗う

パニック障害の合併症のひとつである「強迫性障害(OCD)」は、自分でも馬鹿げていると思うような行為を、しつこく繰り返してしまうという病気です。強迫性障害は昔から存在する病気で、かつては「強迫神経症」と呼ばれていました。

 

たとえば、外出後、戸締りを確認するために何度も家に帰る、手を洗ったばかりなのに、また洗わずにはいられない、ガスコンロの火を止めたかどうか確認するために何度も台所に行くなど、あらゆるケースがあります。

 

いずれも「やめたくても、やめられない」「やらずにはいられない」「確認せずにはいられない」といった強迫観念にとらわれ、何度も同じことを繰り返すのが、この病気の特徴です。

 

このほかにも、下記のような症状があり、はまさに千差万別です。

 

  • 「車で人を跳ねてしまうのではないか」など、他人に危害を加えることを極度に恐れる
  • 他人から攻撃されたり、自分で自分を傷つけるのではないかと怯える
  • 自殺するのではないかという考えにとりつかれる
  • ウイルス感染や重い疾患など、病気にかかることを極端に怖がる
  • 「必ず右足から靴を履く」などのルールを守らないと悪いことが起きると思い込む
  • 自分が決めたとおりに本や家具が並んでいないと気が済まない
  • 間違って大事な物を捨ててしまうのではないかと恐れるあまり、不要な物までとっておいてしまう
  • 4という数字がつくものを異常なまでに避ける

 

医師

パニック障害と強迫性障害は、どちらも発症する原因が非常によく似ています。また、強い不安感に襲われたり、それが原因で人や社会と関わることを避けようとするといった共通点が多くあるため、治療には同じような方法が用いられます

 

強迫性障害が発症する原因は、完全には解明されていませんが、安心感や幸福感をもたらすセロトニンという物質が不足するなど、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れるために起こるのではないかと考えられています。

 

また、性格も関係しているとされ、几帳面な人、真面目な人、頑固な人は強迫性障害を発症しやすいとされています。

 

つまり、もともとの性格に加え、脳の機能障害、さらにストレスなどの心理的要因が複雑に絡み合って発病すると考えられます。

 

患者は、自分が心配しすぎて、意味のない行動をとっていることを自覚しており、それを「おかしい」と認識しており、なおかつ「恥ずかしい」と思っています。しかし、それをどうしてもやめられないため、悩み、苦しんでいます。

 

強迫性障害の治療法について

強迫性障害の治療には、薬物療法、行動療法、認知行動療法が用いられ、いずれも高い効果があります。

 

薬物療法

薬物療法では、SSRIなどの抗うつ薬を使用します。SSRIには、セロトニンの減少を防いだり、強迫観念を抑える作用があります。

 

行動療法

行動療法では、エクスポージャーと儀式妨害を組み合わせたERPが行なわれます。

 

エクスポージャーは、あえて患者自身が不安や不快感を感じる状況に身を置くことであり、不安・不快感を解消するための強迫行為を行なわせないようにするのが儀式妨害です。

 

主にこの2つによって、強迫性障害を治療していきます。