このエントリーをはてなブックマークに追加  

過敏性腸症候群とはどういった病気なの?その特徴について

腹痛で苦しむ男性

パニック障害に伴って、「過敏性腸症候群(IBS / Irritable Bowel Syndrome)」が起きることが多くあります。

 

通勤・通学中などに急にお腹の調子が悪くなって、トイレに駆け込まなければならないということを繰り返すような場合は、一時的な下痢ではなく、この病気である可能性があります。

 

日本人の1〜2割は過敏性腸症候群だといわれており、決して珍しい病気ではないと同時に、パニック障害になると高い確率で併発する病気です。

 

ストレスや緊張を感じることでお腹が痛くなったり、下痢や便秘を繰り返すのが特徴で、その症状のあらわれ方によって、「下痢型」「便秘型」「混合型」の3つのタイプに分類されます。

 

過敏性腸症候群の3つの症状のタイプのについて

下痢型

「下痢型」は、緊張やストレスを感じると、必ずといってよいほどお腹が痛くなり、下痢を起こすタイプです。通勤・通学の途中にバスや電車などの乗り物に乗ると下痢を催し、頻繁に下車してトイレに行かずにいられないなど、日常生活に支障をきたすことになります。

 

便秘型

「便秘型」は、数日〜数週間、お通じがないというタイプで、女性に多く見られます。いくら頑張ってもまったく出ない、あるいは、出たとしてもウサギの糞のような小さくて硬い便が出る程度で、スッキリとすることができません。

 

混合型

「混合型」は、下痢と便秘の両方があらわれるタイプで、「不安型」と呼ばれることもあります。下痢と便秘が交互に繰り返される状態が1ヶ月以上続く場合は、一時的な胃腸不良ではなく、過敏性腸症候群である疑いがあります。

 

過敏性腸症候群では、下痢型、便秘型、混合型のほか、腹痛や腹部の膨満感・不快感、胃のムカつき、食欲不振、吐き気、よくゲップが出る、嘔吐、残便感、オナラが多いといった症状もあります。

 

過敏性腸症候群の原因について

看護師

過敏性腸症候群の原因は強いストレスにあります。

 

脳がストレスを感じると、その情報が信号として腸に伝達され、腸内の粘膜からセロトニンが分泌されます。一般にセロトニンは脳内にあるものと思われていますが、実は全体の約9割は腸の中にあり、消化管を活動的にしたり、心を落ち着かせる作用があります。

 

このセロトニンが過剰に分泌されると、腸を余計に刺激し、正常な蠕動(ぜんどう)運動が行なわれなくなります。こうして腸の機能に狂いが生じ、腹痛や下痢などが起きるのです。

 

パニック障害も過敏性腸症候群もストレスが原因となって引き起こされる病気なので、自分なりのストレス解消法を取り入れて、日頃からストレスを溜め込まないようにすることが、これらの病気予防・改善には重要なことです。