このエントリーをはてなブックマークに追加  

パニック発作とはどういった症状なの?その特徴について

不安と恐怖心を抱く男性

パニック障害の代表的な症状に「パニック発作」があります。突然、何の前触れもなく激しい不安と恐怖心に襲われ、同時に激しい動悸や呼吸困難が伴うため、「このまま死んでしまうのではないか!?」「頭がおかしくなってしまうのではないか!?」という強い衝動に駆られるのが大きな特徴です。

 

具体的な、不安や恐怖の元となっているものが存在しないため、そこから逃れるすべがなく、発作に襲われた患者は混乱し、まさしく「パニック状態」になるわけです。

 

ただ、この状態はそれほど長く続くことはなく、10分以内にはピークが訪れ、そこから自然に治まっていき、1時間以内に完全に解消するのが一般的です。

 

救急車

突然、激しい症状があらわれるため、救急車を呼んで病院に搬送されることもありますが、病院に到着する頃には症状は治まっているということも珍しくありません。

 

また、心臓が苦しくなったり、息が詰まったような症状があらわれるはいえ、心臓や呼吸器に原因があるわけではないので、いくら身体的な検査をしても異常が見つかるはずもなく、そのまま入院するということもありません。

 

パニック発作は、間隔の長短はあるものの、何度も繰り返し起きるケースが少なくありません

 

そのため、一度発作を経験してしまうと、発作が再発していなくても、「また起きるのではないか?」という不安と恐怖から、発作が起きた場所や、似た環境の場所の近くに行ったり、あるいは想像しただけで、また発作が起きそうになったり、実際に起きることもあります。

 

また、激しい発作に至るほどではないにしろ、常に漠然とした不安感にとりつかれ、日常的に苦痛を味わい続けることも多くあります。

 

めまいを起こす女性

パニック障害のパニック発作の症状として典型的なものには激しい動悸や呼吸困難などがありますが、このほか、吐き気、めまい、ふらつき、手足の震え、体中がドキンドキンと脈打っている感じや、心臓をギュッとつかまれたような感覚があらわれます。

 

さらに、患者によって個人差はあるものの、体中から吹き出るような激しい発汗、身体の震え、息が詰まった感じ、まわりの空気が薄いような気がする、呼吸の仕方がわからなくなる、腹部の不快感、胃をつかまれたような感じ、お腹の中の違和感、非現実感、雲の上を歩いているようなフワフワした感じ、頭に霞がかかってボーッとした感じ、自分が自分でない感じ、死んでしまうのではないか、狂ってしまうのではないかと感じる恐怖感など、実に様々な身体症状・精神症状があらわれます。

 

これらの症状は、単独であらわれるのではなく、複数の症状が同時にあらわれますが、その組み合わせや程度も患者によって個人差があります。


パニック障害の症状「このまま死ぬかも!?」パニック発作の特徴関連ページ

「また発作が起きるかも?」予期不安の特徴
「人混みが怖い!」広場恐怖の特徴